舟橋一浩

大学にて講義

先日、地元の大学にて”映画館と地域振興”というテーマで講義しました。昨年に引き続いてお招き頂きましたが、今年は学生さんの数も250名と昨年よりも増え、聴講する学生さんも1年生が多いということでどうなるかと思いましたが約60分の講義も無事終了。自分の留学時代の経験も踏まえながらパワーポイントを使ってお話しました。大学時代に映画史を専攻していた頃、将来何かの役に立つなんて考えていませんでしたが、気がついたら今、埼玉県で一番歴史のある川越スカラ座の支配人をしていますので人生どこでどうなるかわかりません。冒頭で「今は無駄だと思っていても、自分の好きなこととは大事に付き合っていけば将来自分の人生と繋がっていくときがある」とお話したところ、講義終了後に見せてもらった学生からのフィードバック(感想文)に”自分の好きなことはやはり大事にしていきたい”とか”今は無駄だと思っても将来役に立つときが来ることがわかった”などの感想があり、みなさんちゃんと聴いていてくれたようでとても嬉しかったです。講義のスタイルもまだまだ改良の余地があると改めて思ったので、またこのような機会を是非作っていきたいです。

IMG_5667

Share

Comments are closed.