舟橋一浩

川越市暴力排除推進協議会

本日は川越市暴力排除推進協議会の総会にてご挨拶。埼玉県内における平成16年から平成25年の暴力団犯罪検挙人員の推移は、以下のグラフのとおり。
検挙人員を、六代目山口組、住吉会、稲川会、極東会、その他の5種類に色分けしています。このうち主要3団体と呼ばれる六代目山口組、住吉会、稲川会の占める割合は、平成16年は84%、平成25年は 88%となっているとのことです。(埼玉県警HPより)

imageimage

Share

Comments are closed.