舟橋一浩

会派視察

本日は会派視察で愛知県の岡崎市へ。商店街で取り組んでいる”まちゼミ”について視察。埼玉県内でも川越、川口、東松山、深谷で開催もしくは開催予定のこの取り組み、”買い手・売り手・世間よし”の三方よしのバランスをコンセプトでスタートし現在では商店街活性化事業として全国120箇所以上で実施されています。 元々、肩がふれあうほどの人通りのあった岡崎の商店街も大型ショッピングモールの進出等により、人通りも減りかつての勢いはなくなりましたが、商店街各店舗の店主さん達が独自に持っている知識や技術を活かし入りづらい印象の店舗にお客さんをどう引き入れていくかということから”まちゼミ”を考案。一過性の営利に囚われない形での商店街の活性化に繋がり全国の先進事例となりました。しかしながら、安易に営利目的で事業化しようとする所もあるとのことでくれぐれも短期間での成果よりも長期的な視点に立った地域の活性化を重要視して事業を進めて頂きたいとのことでした。

http://machizemi.org/

imageimage

Share

Comments are closed.